2005年06月30日

『やわらかあたま塾』

ニンテンドーDSの『やわらかあたま塾』。
有名私立幼稚園児が解く、簡単な問題を解きながら、あたまをもみほぐすというコンセプトのゲーム。

言語、記憶、分析、数字、知覚の5種類のジャンルでのトレーニングとテスト以外に8人まで対戦も可能。
値段も2,800円で良心的。

しかし、簡単な問題でトレーニングとテストって、『脳を鍛える大人のDSトレーニング 』とちょっと被らないか?
まあ、実際にゲームをやってみると、こっちの方が内容がゲーム的な印象を受けなくもない。あっちは本当にトレーニングって感じだった気がするので。
しかし、毎日継続させるような仕組みは『脳を鍛える大人のDSトレーニング 』の方が上かも。いや、こっちが悪いわけではなく、あっちの作りがうまいんだけど。
逆に、テスト結果の判定はこっちの方が面白い。あっちはトレーニングの結果は5段階評価だったし、テストの結果も脳年齢で表示されるだけ。でも、こっちはジャンルごとの出来をグラフ表示してくれるので、得手不得手もわかるし、さらにあたま段位とあたまタイプも判定してくれる。ちなみに僕の最初のテスト結果はあたま段位「初段」のあたまタイプが「シキシャあたま」。知覚と記憶がよかったんだけど、その結果か?

posted by あおべえ at 23:55 | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『四次元 Four Dimensions』



ひさしぶりのMr.Childrenのシングル『四次元 Four Dimensions』。
ポカリスエットCMソングの『未来』、日清カップヌードル「NO BORDER」CMテーマソング『and I love you』、映画「フライ,ダディ,フライ」主題歌『ランニングハイ』、フジテレビキッズ教育番組テーマソング『ヨーイドン』の全てタイアップ付きの4曲を収録。

感想。全体的には地味な印象。
特に悪くはないけど、シングルというよりはアルバムの曲と言う感じもしなくもない。

『未来』。
いかにもミスチルな爽やかなサビが印象的。そのくせ歌詞が「僕の目の前に横たわる先の知れた未来を」なんて全然爽やかじゃないのが素敵。あとサビ以外の部分は意外と爽やかじゃないのも好感触。全体的には地味だけど。

『and I love you』。
いい意味で、シンプルであっさりしたラブソング。
でも、カップヌードルの「NO BORDER」のCMソングと言う意味で『タガタメ』とのつながりを考えると、この曲の意味も全く違って捉えられるかも。というわけで、地味だけど、ちょっと目頭が熱くなってしまう、いい曲‥‥。

『ランニングハイ』。
曲調的には、今回の4曲では一番好きだなぁ。というか、サビにもうちょっとパンチとキレがあれば、もっと僕好みだったな。

『ヨーイドン』。
何か初期のミスチルにこんな曲調の曲なかったっけ?
教育番組のテーマソングということで、子供向けって感じの曲調。
しかし、これ、子供向けに作ってる割に、サビでちょっと早口部分があるので、子供たちが一緒に歌えるか、ちょっと不安。

続きを読む
posted by あおべえ at 00:05 | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

異動

うちの会社は7月に異動がある。

僕も異動で、別の部署に。

新人研修後、今の部署に配属されて3年半ちょっと、思えばいろんなことがあったなぁ‥‥‥。

まあ、特に未練はないんだが。

強いて言えば、面倒な仕事を引き継がせてしまった後輩が気になるぐらいか‥‥‥。
posted by あおべえ at 22:57 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

病弱

39度の熱を出して週末寝込む。

今年三度目の高熱‥‥。

うーん、今まで寝込むのなんて、一年に一度あるかないかだったのに。

呪われてるんじゃないかって気すらするよ。
posted by あおべえ at 21:37 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月25日

メイド喫茶

メイド喫茶に行ってきた。
何で行くことになったか、説明すると面倒なんだけど、とりあえず一言で言えば、ノリ、かな。

で、まあ、入るまでは一体どんな店なんだとドキドキしていたけど、実際入ってみると、割と普通。
見た目普通の喫茶店だし、メニューも値段こそやや高めな印象を受けるけど普通。
違うのは店員さんがメイドの格好をしてるところだけ。

あ、あともう一つ他の喫茶店と違うところがあったな。
二人用のテーブル座る一人客は、何故か同じ方を向いて座ってるんだよね。


 ○ ○ ○    ■:テーブル
 ■ ■ ■    ○:空いてる椅子
 △ △ △    △:お客

 ○ ○ ○
 ■ ■ ■
 △ △ △


こんな感じ。
席に座ったお客さんの向いてる方には、メイドさんがドリンクを作ってるカウンター(その他のメイドさんもその近辺に待機してる)。
あー、そういうことか、と妙に納得してしまった。

ちなみに、メイド喫茶には6人で行って、その後僕ともう一人は帰ったけど、残りの4人はコスキャバ(コスプレキャバクラ)に行ったらしい‥‥。
posted by あおべえ at 01:29 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

「KUMAあたります」世迷言集

コカ・コーラ社のキャンペーンのシール「KUMAあたります」も自分で飲んだり、人からもらったりで、既に70枚以上たまってしまった‥‥。

このシール「めくると楽しいことが!」と書いてあり、公式ページ(http://www.cocacola.co.jp/ku-ma/flash.html)によると当たりがあるらしいけど、めくっても今のところハズレと思われるよくわからんコメントばかり。
まあ、せっかくなので、そのコメントを集めてみました。手元にある59種類のコメントです。
一応めくるのを楽しみにしてる人もいるかもしれないので、隠してます。反転させて見て下さい。

==↓ここから==============

あぁ 海が見たい

あの人の ギャグが 場を冷やす

あの雲 ナニに 見える?

いつから いつまで が真夏?

がんばり すぎると 夏バテするよ

こころは いつも 夏休み

スタミナ だけは つけておこう

セミの声で 目が覚める

ぜんぶ 夏のせい

たまには ダラダラ しようよ

つねに 日陰を 歩きます

できれば 恋に 溺れたい

とにかく 刺激が ほしい

なぜか 早起き してしまう

ネコは 涼しい所を 知っている

ハンモックで 昼寝 したい

バカンスか ロマンスか

バケーションは ロケーション 次第

ひと夏の 経験って なに?

ベランダで 日焼け してみた

ボクらは 夏休み うかれ隊

上司の 雷が 落ちてきた

世の中を うまく 泳ぎたい

今晩も 常夏です

仕事も 勉強も 遊びも 大切だ

冷たい ドリンクで リラックス

冷たい物を 食べ 過ぎない

台風の ような仕事 でした

合宿 したいなぁ

夏だけは 子供に 戻りたい

夏の スコールの ような雨は すき

夏の 勝負服は 浴衣

夏の夜は ながいから

夏の目標を 立ててみる

夏は ハッピーな 歌が多い 気がする

夏休みボケ に気をつけ ましょう

夕焼けを 眺めてみる

夜は サングラス 外そうよ

夜景が 気持ち いい

太陽が Sun Sun

家に 着くまでが バカンス

心にも 潤いを

思い出を 作らなきゃ

新しい 水着は 用意した

日焼けした 上司の説教 チカラなし

暑いと 言うと 暑くなる

木陰が オアシス

欲望は 控えめに

気がつけば 終わってる 夏休み

汗らずに

渇いて います ノドも ココロも

無理して 遊ぶ 必要は ないよ

田舎が 恋しい

秋に 後悔しない 毎日を

縁側の ある家に 住みたい

肌の白い人 に憧れる

蚊の羽音 私の眠りを さまたげる

風が 気持ちいい

BBQが したい

==↑ここまで==============

ところで、キャンペーンの公式ページが更新されて、プレゼントが公開された模様。ミュージックーマがあほっぽくて好きかも。
posted by あおべえ at 23:39 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

結婚式二次会打合せ+余興の練習

昨日はファミレスで、大学時代のサークルの友人の結婚式の二次会の打合せ。
三ヵ月後とは言え、招待状作ったり、お店予約したり、買出ししたり、結構やること多いので、忙しくなりそう‥‥‥。

二次会について粗方決まったところで、式の余興も頼まれてたので、そちらも話し合い。
結局氣志團の『結婚闘魂行進曲「マブダチ」』をみんなで踊ることに。
ファミレスではみんな甘味や飲み物中心だったので、居酒屋で腹ごしらえ後、早速カラオケボックスで練習しようということに。
しかしながら、居酒屋に行ったら、個室でカラオケもついてたので、過去に『マブダチ』をやったことがある奴からみんなで教わる。
店員さんの目がちょっとばかり気になったけどね‥‥‥。

居酒屋は2時間の時間制限があったので、さらにその後カラオケボックスに。
幸運なことに、そこのカラオケはちょうど本人出演の映像で、振りの細かいところが確認できたので、とりあえずこんなんなりました。

マブダチ

右下の「予約曲数 他14曲」も全部『マブダチ』。
入れ過ぎだっつーの。
振り確認のため、ワンコーラスで中断したりしたにも関わらず、10曲ぐらい残して出てきてしまった‥‥‥。
posted by あおべえ at 19:22 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ゼロへの調和』

アンダーグラフのファーストアルバム『ゼロへの調和』。
正統派のバンドサウンドって感じで、なかなかよかった。最近邦楽のアルバム買っても、シングル曲だけ聴いて、後は放置ってことも多かったけど、これはひさしぶりにちゃんと全部聴いてしまった。
まあ、正統派過ぎて、強烈なインパクトの曲ってのはなかったけど、今後が期待できそうな感じ。
posted by あおべえ at 18:49 | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

情報処理技術者試験の合格発表

今日は情報処理技術者試験の合格発表。
僕はテクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)を受験。
勉強してなかったので、絶対ダメだろうと思ったけど、やっぱりダメだった‥‥。

去年と同じで午前問題で撃沈。しかも、スコアは下がってるし。
しかし、あと2,3問当たってれば、午前は通ってたっぽいので、来年こそ、ちゃんと勉強して頑張ってみようかな。

そうすると、来年の春はテクニカルエンジニア(情報セキュリティ)は受験できないから、代わりにってわけではないけど、やっぱり秋試験はセキュアドだな。

今回はちゃんと早めに試験勉強始めよう‥‥。
posted by あおべえ at 23:11 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

情報処理技術者試験センターで見つけた

情報処理技術者試験センターは最近頑張ってると思う。
ホームページでポスターとかチラシをPDF形式で公開したりしてるし、試験の認知度を高めたいんだろうな。
さらに壁紙まで公開してます。
どんな壁紙かは実際に見てみてください。

情報処理技術者試験センターホームページ
http://www.jitec.jp/

多分僕は使わないかな‥‥。
posted by あおべえ at 23:50 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

もうすぐ合格発表

もうすぐ春の情報処理技術者試験の合格発表。予定では木曜日だったかな。
まあ、僕には関係ないけど‥‥。

7月には秋の試験の申込みも始まるので、何を受けるか、そろそろ考えないとなぁ。
とりあえず、アプリケーションエンジニアは勉強しても論文の技術しか身に付かない気がするし却下。
セキュアドは第一候補かな。ただし、来年の春にテクニカルエンジニア(情報セキュリティ)が新設されることを考えると、セキュアドよりそっちを受験したいな。まあ、両方受験してもいいけど。
会社の評価を気にするなら、基本情報技術者を受験するのも悪くないんだよな。未だに持ってないし、タイミング的には悪くないかも。まあ、基本情報だけだと、ちょっと物足りない気もするので、11月の簿記の試験を受けてもいいな。とりあえずリハビリの意味で2級でも。もし2級の復習が間に合えば、1級受験に切り替えてもいいし。
純粋に試験を目標に勉強することで知識を得る、という目的なら、ネットワークがベストな気もするな。合格から2年経ってるし、いろいろ知らないことも、忘れたことも多いだろうし。

さて、どうしようかな。
posted by あおべえ at 23:57 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日が暮れる前に

日が暮れる前に帰途に着くとちょっぴり罪悪感を感じてしまう。
病気だな‥‥。
posted by あおべえ at 23:14 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

『killer7』

いやー、ひさしぶりにドキドキした。『killer7』。
簡単に説明すれば、7つの人格を持つ主人公が、その人格(+身体)を切り替えながら、敵を倒し、謎を解きながら進む、アクションアドベンチャーゲーム。こう言うと『バイオハザード』っぽい感じなんだけど、既存のゲームとは一線を画した感じ。

デザイン的にも、システム的にも、全く新鮮。
特に操作方法が良い。細かい操作を必要とせず、サクサク進めるので、ストレスが溜まらない。
デザイン面の方は説明するのが難しいので、↓の公式サイトで見てもらうのが早いかも。

killer7公式サイト
http://www.capcom.co.jp/killer7/

パッケージの裏に書いてある「感じるままに、殺れ。」と言う言葉が象徴するかのように、殺伐とした感じで進むストーリーは、ちょっと理解しがたい部分もあるし、人死にが多いので、もしかしたら人を選ぶかもしれないけど、結構引き込まれる、魅力のある話だったかな。個人的には後半に入ったあたりでダレた感じもあったけど、いろいろ伏線もあって、最後はやっぱり盛り上がったし。

全体的なボリュームは少な目かも。ただ、結構精神的に疲れるゲーム(と僕は思う)なので、これ以上のボリュームだと辛かったかもなぁ。一応、クリア後のおまけもあるし、総合するとちょうどいいかもしれない。

 
posted by あおべえ at 23:57 | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

新しい「ディグダグ」

"地下と地上、2画面で展開する新しい「ディグダグ」
――「ディグダグ ディギング ストライク(仮称)」"
http://www.itmedia.co.jp/games/articles/0506/10/news004.html

ニンテンドーDSで「ディグダグ」の新作が発表に。
「ディグダグ」と言えば、一般的に言えば穴掘りゲームなのかもしれないけど、僕が子供の頃やったのは穴掘りゲームの「I」ではなく、島を沈める「II」の方。なので、愛着を感じるは「II」なんだよね。
GBAのファミコンミニで「ディグダグ」が出たときも、PSPの「ナムコミュージアム」に「ディグダグ」が収録されたのを知ったときも、「I」よりも「II」を!、と思ったものだ‥‥。

で、今回の新作はなんとニンテンドーDSのニ画面構成を生かして、上画面が「II」のような島、下画面が「I」のような地中という、「I」と「II」をうまく組み合わせたようなゲーム。
うーん、上の島の画面、懐かしい‥‥。

コンセプトは面白そうなので、ちょっと期待。
posted by あおべえ at 23:38 | TrackBack(1) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

PSPでアダルトビデオ?

"PSP向けアダルトビデオ、日本で発売に"
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050609-00000001-wir-sci

PSPのメディア、UMDでアダルトビデオが発売されるらしい(正確にはアダルトUMD?)。
しかも、日本で。
しかも、ソニーの正規ライセンスも受けて。

既にUMDでの映画や音楽系のソフトは発売されてて、そこそこ売れてるらしいけど、まさかアダルトビデオが出るとは‥‥。
ソニーの戦略がよくわからん。

そもそも携帯ゲーム機でアダルトビデオって、需要があるどうかが微妙なんだけど。
まさか電車の中で見るわけにもいかないし(下手したら捕まりそうだし)、かといって、自宅でPSPでAV鑑賞ってのもどうなんだ?

まあ、それだけソニーがUMDを普及させようと、力を入れてるってことなのかな?
posted by あおべえ at 23:57 | TrackBack(1) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

ビクターのメモリプレーヤー

"ビクター、ヘッドフォン一体型など「満を持した」メモリプレーヤー"
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0506/08/news044.html

ビクターがメモリタイプのオーディオプレーヤーを発売するらしい。
耳かけタイプの「XA-AL55」(256MB)とスクウェアフォルムの「XA-MP101」(512MB/1GB)の2種類で、実売想定価格はXA-AL55が1万8000円、XA-MP101 512MB版が2万円、1GB版が2万7000円だとか。

うーん、「満を持した」って記事には書いてあるけど、どうなんだろ?
ソニーのネットワークウォークマンのNW-407(1GB)で、2万2000円ぐらいだから、ちょっと高い気がするなぁ。
対応ファイルフォーマットがMP3とWMA。iPodもソニーのネットワークウォークマンも対応していないWMAが再生できるという点はいいけど、生き残るにはちょっと厳しそうだな。

余談。
冒頭のURLの記事の最後にリンクがあった「バイヤーズガイド:ポータブルプレーヤーが欲しい!(フラッシュメモリ編)」という記事は面白いかも。

バイヤーズガイド:
ポータブルプレーヤーが欲しい!(フラッシュメモリ編)
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0506/07/news096.html
posted by あおべえ at 23:59 | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

「KUMAあたります」の謎

少し前の日記でも取り上げたコカ・コーラの「KUMAあたります」(Uは上に−あり)のシール。
このキャンペーンのサイトがオープンしてるのは前回の日記に追記した通り。

「KUMA!COOL!SUMMER!」(クーマ!来ーる!サマー!)
http://www.cocacola.co.jp/ku-ma/flash.html

このサイトのキャンペーンの情報には賞品の詳細はなく、ミュージックギア(?)、人気AV機器、サマーセット、ラッキー賞が当たるということしか書いていないが、その説明にちょっと気になる部分が。ラッキー賞というのは「その場で当たる」らしい。

少し前のコカ・コーラのキャンペーンでも専用サイトにアクセスして、シールに書かれたIDを入力して、ゲームに勝てば、着メロや携帯用のゲーム、音楽ダウンロードのクーポンなどがその場で当たるというのがあったけど、今回のシールには特にIDはなし。

「めくると楽しいことが!」と書かれたシールをめくっても、

夏のつぶやき
−−−−−−
バカンスか
ロマンスか

とか、そういう謎の言葉が書いてあるのみ。

もしや!
この謎の言葉がIDになってるのか!!
何と斬新!
日本語文章によるID入力!

って、まあ、そんなわけないんだが。

真面目に考えると、ラッキー賞はシールとは無関係で、ジョージアのキーホルダープレゼントなんかにあったような、缶におまけが付いてくるパターンだろうか?KUMAのキーホルダープレゼントとか?
もう一つあり得るのは、めくると「当たり」が出るパターンか?これならシールの表に書かれてる「めくると楽しいことが!」の意味もよくわかるな。でも、当たりシールの扱いが難しそうだから、こっちの可能性は薄いか。

いずれにしろ、シールを貼る台紙も早く配布してくれないだろうか‥‥。
保管場所に困るんだけどなぁ。
posted by あおべえ at 23:36 | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現実逃避気味

最近やたら漫画を読んだり、映画観たりしてる気が。

自分でも分かってるんだが、明らかに現実逃避の傾向‥‥。

そろそろ覚悟を決めないとね‥‥。

まあ、6月いっぱいは、だらだらやるけど。
posted by あおべえ at 00:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

『交渉人 真下正義』

『Zガンダム』を観たその足で、そのまま『交渉人 真下正義』を観に。

感想。
ちょっと期待してたのと違ったなぁ‥‥。

とりあえず不満点を述べると‥‥。
まず一つ目。ノリが『踊る大捜査線』と同じなのが、好きになれなかった。『踊る大捜査線』は好きなんだけど、今作で初めて登場するキャラで同じことやられても、ちょっと‥‥、という感じ。
二つ目。間の取り方とか、ギャグの入れ方とかも『踊る大捜査線』と同じなんだけど、それが緊張感を無くしてる気が。序盤はともかく、中盤以降はもっと緊張感を持続させて欲しかった。2時間以上の長時間の映画なのに、結構時間を無駄にしてるのでは?
三つ目。真下の交渉術がいまいち説得力に欠ける。犯人との会話も、交渉人とは思えないんだけど。いや、もちろん、ちゃんとした交渉術を使ってるのかもしれないけど、これこれこういう手法を使ってるんだよ、という説明もないので、よくわからん。そういう意味で説得力に欠ける。
四つ目。どうにもすっきりしないラスト。ネタバレになるのでこれ以上は書かないけど。

他にも細かい点ではいろいろ不満もあるんだけど、とりあえずこの辺で。

いろいろ厳しいことを書いた気がするけど、別に面白くないと言うわけではない。でも、あくまで普通レベル。『踊る大捜査線』を期待すると、ちょっとがっかりするかも。
posted by あおべえ at 23:56 | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者』

劇場版ガンダムで予習したので、早速『機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者』を観に。

とりあえず、序盤がやたら説明不足の感じが。テレビ版は子供の頃、一部を見ただけで、基本的に内容を知らない僕は、場面と場面の間を想像しないと、ちょっとついていけなかった。
ストーリー的には、テレビ版をまとめてるだけあって、展開も早くて、飽きさせない。前シリーズの登場人物が出てくるのもうれしいし、8年(だっけ?)経ってるだけあって、みんな(いろんな意味で)大人になってるのも面白い。特にアムロのヘタレぶりは、前作のラストと比べると‥‥。
ただし、前述の通り、序盤は説明不足な感じで、カミーユがいきなりガンダム強奪するのは、ちょっと説得力が足りない気もしたけど。時間は90分くらいで短めなんだから、もっと少し長くして、序盤をじっくり描いて欲しかった気も。

それから新作カットとテレビ版のカットが混在してると聞いていたので、そのギャップが心配だったけど、僕はそんなに気にならなかったかな。確かに新作部分はやたら綺麗なんだけどね。
posted by あおべえ at 23:05 | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。