2006年05月29日

『Newスーパーマリオブラザーズ』

ちょっと前に体験版の記事を書いたマリオの新作。

ここ最近続いていた3Dではなく、昔のような2D。
シンプルなので誰でも気軽に楽しめる。

スターコインの収集とか隠しゴールとか単純にクリアする以外の楽しみもあり、バランスのよいアクションゲームに仕上がってるかと。

もっとも不満がないわけでもなく、いつでもセーブできないのはちょっと不便。

それからボリュームも若干少なめか?
まあ、アクションゲームのボリュームが大きくても途中で飽きる気もするので、これぐらいでもいいのかな。

posted by あおべえ at 22:51 | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

ソニーの新しいウォークマンはなかなかよいかも

"ソニー、「ウォークマン E シリーズ」の新機種3モデルを発表 - AAC対応"
http://journal.mycom.co.jp/news/2006/05/25/002.html

ソニーの新しいウォークマンが発表に。

NW-E400、500シリーズ→NW-A600シリーズではデザインはほぼ同じだったけど、今回のはデザイン一新。
前のデザインよりやや小さめになって、重さも48g→25gで約半分に。

連続再生時間は50時間→28時間で短くなってしまっているけど、充分でしょう。1時間でフル充電というのも魅力的。

価格も2GBモデルが18,000円前後、1GBモデルが13,000円前後、512MBモデルが10,000円前後らしいので、iPodにも充分対抗できそう。

ソニーの頑張りを感じられる商品だな。
posted by あおべえ at 23:56 | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

「VAIO TYPE U」に触ってきた

昨日は代休を取ったんだけど、いまいちやることもなかったので、↓のような記事を見たので、僕も行ってみた。

http://www.rbbtoday.com/news/20060520/30968.html

さすがに平日だけあって人は少なめだったけど、到着時は展示された2台はちょうどふさがってて5分ほど待つことに。

で、実際触ってみると、やっぱり小さいなぁ、というのが第一印象。

とは言え、「W-ZERO3」と比べると一回り大きい感じ。
なので、ちょっとキーボードが押しづらかった。「W-ZERO3」のように隆起してるわけでもないので尚更。

スティックポインターもちょっとつかいづらい。
細かい操作には向かなさそうなので、そういう操作はスタイラスを使うべきか?

しかし、動作は軽快。画面も綺麗。
操作性にちょっとだけ難はあるけど、そこを慣れで克服できるなら充分魅力的な製品かも。
posted by あおべえ at 23:29 | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

『ダ・ヴィンチ・コード』

観に行ってきました。
日曜夜のレイトショーだったにも関わらず、かなりの人。さすが話題作。

しかし、正直退屈だった‥‥。
まあこれは映画そのものより、事前情報の多さに原因がある気もするけど。
前日の夜にフジテレビでやってたダ・ヴィンチ関連の特番をたまたま見ちゃったけど、それでほとんどダ・ヴィンチが残した暗号についてはネタバレしてるし。
『ダ・ヴィンチ・コード』の試写に関するニュースで「○○が××を△△するシーンでは失笑も」なんてのがあったけど、そのシーンがあるということがネタバレしてたし、その上そのネタバレのおかげで結論が予想できてしまう。

唯一ネタバレしてなかったのは真犯人ぐらいか?
まあ、それもただびっくりさせるための設定にしか思えず、「その辺の通リりすがりの人が真犯人でした」ってのと同じぐらいのものだし、正直言って別にどうでもいい。

もし事前に何も知らずに見ていたら、ダ・ヴィンチの残した暗号や、聖書の編纂に関する部分はそれなりに楽しめただろうし、前述のネタバレシーンでもそれなりに驚きもあって、評価もまた違ったかもしれないんだけど‥‥。

ところで原作を読んだ人はこの映画を楽しめるのだろうか?
正直に言って、全部知ってる人を最後までつなぎとめるだけの力は、この映画にはないような気がするのだけれど。
posted by あおべえ at 12:58 | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

iPod用Bluetoothトランスミッター

"モバイルキャスト、iPod用のBluetoothトランスミッター『iPod Bluetooth Transmitter』を発表"
http://biz.ascii24.com/biz/news/article/2006/05/17/662237-000.html

これは欲しい。

iPodそのものをリモコンにしようというBELKINのTuneStageのiPod nano対応モデルがなかなか発売されず、やきもきしていたんだが、もうこれでいい。
っていうか、こっちのほうがずっといいな。
posted by あおべえ at 21:23 | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

また体調不良

風邪引いて、また体調を崩してしまった。

まあ、この前のインフルエンザや去年の腸炎のときに比べれば、まだ全然ましで、寝込んだりはせずに済んだけど。

しかし、ここ1年半ぐらいの間、3、4ヶ月に一度は体調を崩すようになったなぁ。

やっぱり歳を取ったから‥‥なのか?
posted by あおべえ at 22:37 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

『ナイロビの蜂』

『ナイロビの蜂』を観てきたんだけど、うーん、何だか期待はずれだったかな。

夫が妻の死の謎とその裏にある世界的陰謀を追う、といった話だけど、決して派手な描き方でないのは好感が持てる。

しかし、妻の死の謎で引っ張ることもなく、陰謀についても何だか描き方が中途半端で、サスペンスとしては力不足のような。

一方、過去に遡って描かれる夫婦の関係も、幸せなシーンよりあんまり幸せそうじゃないシーンの方が多くて、ラブストーリーとしても何だか説得力に欠ける。

おまけに後味もよくないし‥‥。

前日『ブロークバック・マウンテン』を観たときに『ナイロビの蜂』の予告編が流れたんだけど、正直言って、予告編の方が面白かったかもしれない‥‥。
posted by あおべえ at 22:40 | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

『ブロークバック・マウンテン』

アカデミー賞最有力候補と言われてた『ブロークバック・マウンテン』を観てきた。

以下公式サイトのあらすじより。
1963年、ワイオミング州ブロークバック・マウンテン。羊の放牧管理の仕事を得た20歳の青年イニスとジャックは、大自然の中でひと夏をともに過ごす。
まったくの初対面だったが、厳しいキャンプ生活の中、お互いを助けあううちに芽生えた不器用な二人の友情が、やがて男同士の許されない関係へと変化していくまでに、それほど時間はかからなかった。 そんな彼らには決して優しくはなかった時代に、二人は互いに伴侶を得、子供を授かりながらも、20年間もの間、密かに愛を育んでいく。
派手さはないようなストーリーっぽいのに2時間14分の上映時間は長くて飽きそうだな、と思ってたけど、実際はそうでもなかった。
いや、実際派手さはないストーリーだったけど、展開が速いのでそれほど長くは感じなかった。

ちなみに、男同士、という時点で敬遠する人もいそうだけど、なかなか良い出来。

中盤ぐらいまでは、イニスとジャック、それぞれが結婚したにも関わらず、二人の関係を続けて、しかもその結果周りを不幸にして、という展開に、「この映画は身勝手男の話か?」とか思ったりもしたけど。
しかし、後半あたりで周りだけじゃなく自分自身も不幸にしてしまってるように見えて、むしろ哀れみを感じてしまった。
で、そんな切ない感じの余韻を残しつつ、ラストまで綺麗に持っていくからなぁ、なかなかうまい。

というわけで、結局アカデミー賞は取れなかったこの作品だけど、最有力候補と言われただけの出来だったと思う。

posted by あおべえ at 00:51 | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

『ニュー・スーパーマリオブラザーズ』をやってきた

某家電量販店のゲーム売り場に「ニュー・スーパーマリオブラザーズ」の体験版が。

実際にやってみると、まさしく「"ニュー"スーパーマリオブラザーズ」と言った感じ。
3Dではなく2Dのアクションゲームだったり、十字ボタンとYとBボタンのみで操作できたりするシンプルなところが本当に「スーパーマリオブラザーズ」だった。

「スーパーマリオ64DS」は途中で投げ出したけど、これならちゃんと最後までできそうだ。

posted by あおべえ at 23:31 | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

『テトリスDS』

多分世間で一番有名なパズルゲーム、テトリスのニンテンドーDS版。

今なら普通に携帯でも出来るし、別にDS版なんか買わなくても、って気がするけど、とりあえず買ってしまった。

で、実際やってみると、普通のテトリスは正直普通すぎるし、タッチやパズル、ミッションなどのアレンジ版もそれなりには楽しめるけど、あくまでそれなり。

買ったのはちょっと失敗だったかなぁ、と思ったけど、Wi-Fi対戦して、その考えは一変。
Wi-Fi対戦は非常に楽しい。
別に普通のテトリスなんだし、あんまり勝てなかったりするんだけど、楽しい。
Wi-Fi対戦する前提なら、買っても損はしないかと。

posted by あおべえ at 22:50 | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ファイナルファンタジー XIII」が発表されたらしい

「FINAL FANTASY XIII」が発表されたらしい。

"「DQ」最新作はWiiと同時発売――「FFXIII」はPS3で"
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20060509/e3_sqex.htm

この前12が出たばっかりだってのにもう13とは。
個人的にはSFっぽい世界観は好きじゃないし、PS3で2タイトル+携帯用の合計3タイトルというのはやり過ぎというか、狙い過ぎというか、ちょっと失敗してる気もするけど、まあ、それなりに売れるのは間違いないわけで。
PS3が他の次世代ゲーム機(まあ実質Wiiのみだけど)と争う上でプラスの方向に働くのは間違いないだろうな。

一方ドラクエの最新作はWiiと同時発売を目指すとか。
しかし、これはナンバリングタイトル(すなわち9)というわけではなく、剣神ドラゴンクエストみたいなものっぽい。

FF13をPS3で出すと言うのならドラクエ9もPS3になりそうだな。
今日PS3の発売日及び価格も発表になって、6万円と言う価格は正直高いと思ったけど、ドラクエとFFの2大RPGが出る以上、やっぱりそこそこ売れるんだろうなぁ。
posted by あおべえ at 22:25 | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

『大神』

日本画風のグラフィックが特徴的なアクションアドベンチャー。

グラフィックの方向性はFFXIIとは違うけど、かなり完成された域。

グラフィック以外もかなりしっかりしてる。
頭を捻って謎を解いてくこの感じは「ゼルダの伝説」に似てるかも。

ストーリーも日本の昔話や神話をうまく組み込みつつ独自の世界観を構築してて、いい感じの親しみやすさがある。
しかも、最後の方の、ある演出で、ちょっと感動したし。

ボリュームも結構あるので、そこそこ長く楽しめるし、なかなかの秀作かと。

posted by あおべえ at 21:41 | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

ドラマ『クロサギ』第4回

今回は正直言って、白石役の加藤浩次が心配で仕方なかったけど、意外とよかった。
原作とはちょっと違った感じだったけど、これはこれでありかなと。

話の内容は、株の情報操作なんで、あんまり身近な話題じゃなく、よくも悪くもドラマっぽい話だったかな。

しかし、これで僕がこのドラマを見たのは三回目で、さすがに黒崎や氷柱も見慣れてきた感じ。
だけど、未だに桂木と神志名はダメだ‥‥。

趣味の悪い桂木に、適当な台詞を撒き散らす神志名‥‥。
勘弁してくれ‥‥。
posted by あおべえ at 00:56 | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』

言わずと知れたハリー・ポッターのシリーズ第4作。

まあ何も考えずに楽しめると言うのは間違いない。

でも、いまいちストーリーに必然性が感じられなかった‥‥。

あと、ストーリーの本筋に関係ない話のほとんどが本筋への伏線になってるってのは、ちょっとやり過ぎ。

あとこれは今作に限った話じゃないが、いまいち世界観がわからない、というか、何か適当に作ってんじゃないの、って感じがしないでもない。
魔法とかにしてもその場その場で適当に考えた結果のような気がしてならない。

でも、まあ、深く考えなければ、楽しめるのは間違いないんだけどね。

posted by あおべえ at 00:06 | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

『Contact』

FFXIIの次にやってたDSのRPG。

何というか、惜しいゲームだった‥‥。

料理やら釣りやら、やれることは多くて最初は結構楽しんでたけど、はっきり言ってバランスが悪い。

前述の料理も釣りもレベルが低いと作れない、釣れないものが多すぎ。
しかもそのレベルがなかなか上がらないし。

サブイベントも豊富だけど、Wi-Fi通信しないと完結しないイベントが意外と多いのは明らかに問題。もっと手軽に楽しめるようにして欲しかった。

もし次があるなら、もっとバランスを考えて欲しい‥‥。

posted by あおべえ at 23:35 | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ファイナルファンタジーXII』

あー、クリアしてから一ヶ月以上経ったけど、一応感想。

Amazonのレビューとか見ると結構酷評されたりもしてたけど、個人的にはとても楽しめた。

特にストーリーが薄っぺらだ、という意見がよく書き込まれてるけど、薄っぺらというよりは地味なだけな気がするんだが。
個人的には今までのFFでは一番好きかも。何というか、最もわざとらしさ臭がしない気がするし。
主人公の存在の必然性がなかったことはちょっと不満だけど。

戦闘はがらりと変わって、戦略性はほとんどないけど、まあこれはこれでいいかと。
事前に設定したガンビットに従って自動的に戦うから、戦闘中はあんまり考えることないけど、ガンビットの設定に頭を使えばいいということで。
ガンビットの設定が適当でも、力押しでどうにでもなってしまうのはちょっと物足りないけど。

誰でも同じ技能が習得できるので個性がなくなるという意見を何処かで見たライセンスのシステムについては、個人的には歓迎。
キャラクターの個性を自分で選んで付けられると考えれば全然悪くない。

グラフィックに関しては多分現在リリースされてるゲームの中でも最高峰のレベルだろうけど、特に新鮮味はないな。

と、まあ、不満がないわけではないけど、いろんなところが高いレベルでまとまってる良いゲームだと思う。

posted by あおべえ at 23:22 | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。