2005年12月31日

今年良かったマンガ

2005年も最後だし、今年僕が読んで良いと思ったマンガを。
ちなみに番号振ってますが、特に順位はありません。

@神の雫
ワインのマンガなんだけど、適度に解説も入るし、全くワインを知らない僕でも楽しめた。読んでるうちにワインが飲みたくなるようなマンガ。

Aのだめカンタービレ
少女マンガなんだけど、R25で紹介されてて、テーマが音楽なので読んでみたら、かなり面白かった。基本はコメディなのでクラシックを知らなくても充分楽しめる。というか、僕もクラシックはよくわからんし。ちなみに「神の雫」がワインを飲みたくなるマンガなら、こちらはクラシックを聴きたくなるマンガ。

B切法師
今年連載が始まり、今年連載が終わったマンガ。
第1話が「ワンピース」のそれと構成が似てたり、純粋に絵のタッチが嫌いだったり、全体的にセンスが感じられなかったり、連載開始当初は嫌いなマンガだったんだけどね・・・。
連載終了前の展開はよかった。敵にまで情けを欠ける主人公の甘っちょろい精神が通じた瞬間。なかなか感動。

Cワンピース
まあ、もともと好きなので贔屓目は入ってるかもしれないけど。
今年も泣きポイントがいろいろあったし。
最近はちょっとバタバタしてる感がぬぐえなかったけど、全体としては、「仲間」というテーマではこれ以上ないんじゃないか、ってぐらいの展開。
他にも今年良かったマンガとして「ワンピース」を挙げた理由はあるんだけど、長くなるんで、とりあえずこれぐらいで。

posted by あおべえ at 13:53 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

『生協の白石さん』

ネットでも話題になった「生協の白石さん」の本。

内容は学生さんと生協職員の白石さんのひとことカードによるやり取り。
くだらない質問に真面目に答える白石さんの回答が面白い。

でも、(これは完全に周りが悪いんだけど、)前書きとか後書きとか帯とかで、白石さんやひとことカードによるやり取りを持ち上げ過ぎな気が。
帯には「今の日本に足りないものがあります」とか書いてあるし。
この前白石さんが東京農工大の学長から「本学の知名度、好感度を高めた」と表彰されたりしたらしいけど、それも何だかなぁ‥‥。

このひとことカードのやり取りは日常の中だから面白いんであって、「今の日本に足りないもの」なんか考えながら読んだら面白くないって。多分。

なので、軽い気持ちで読んだ方が楽しめるかと。

posted by あおべえ at 23:50 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

今週のR25より
『ソースやきそばだけじゃない!ペヤング巨大化戦略』

今週のR25で、ペヤングの商品の巨大化戦略についての記事が。

僕は知らなかったんだけど、去年、レギュラーサイズの約2倍という大きさのペヤング超大盛ソースやきそばがかなり売れたらしい。
で、その超大盛のやきそばの食べ方として、親子や友人で一緒に食べるという新しい食べ方をしている人も多かったため、超大盛サイズのラーメンも作ることになったらしい。

超大盛サイズのラーメンについては、食べ続けても飽きがこない味のバランスに力を注いだらしい。なるほどね。

で、この記事を読んでて思い出したのが、ネタにするのを忘れてた「でっかいやきそば弁当」。

でっかいやきそば弁当

これもレギュラーサイズの2倍っぽい。
上から見ると通常サイズよりちょっと大きいぐらいだけど、横から見ると。

でっかいやきそば弁当横

おお!2倍ある!
って、あれ?これってもしかして‥‥。

でっかいやきそば弁当中

そのまま2個入ってるだけ!?

味のバランスもきっとそのままなんだろうな‥‥。
posted by あおべえ at 13:07 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

セキュアドの参考書購入

秋の情報処理試験に向けて、情報セキュリティアドミニストレータの参考書を購入。
まあ、はっきりこれ受けると決めたわけじゃないけど、アプリケーションエンジニアは勉強しても論文技術しか身に付かなさそうだし、何よりソフ開合格による午前免除が切れたので、却下。ネットワークをもう一回受けるのは面白そうだけど、このところ資格取ってないのは、会社からの評価にも微妙に影響しそうだし、既に合格済みのネットワークをもう一回受けてる場合じゃあない気も。
後は路線変更で簿記一級とか?しかし、二級までの知識を取り戻すのに苦労しそうだな‥‥。法律とか変わってそうだし、覚えることも多そう(いや、覚えることが多い方が役にはたつんだけどね)。
そうすると、やっぱり無難にセキュアドってことになるんだろうなぁ。まあ、基本情報っていう選択肢もあるけど。

というわけで、翔泳社の参考書を購入。
以前ネットワーク受けるときに、翔泳社のを買ったんだけど、薄くてわかり易くて、なかなかよかったので、今回も翔泳社の参考書に。
薄いだけあって、試験範囲全てを詳細にカバーしてるとは思えない(ネットワークのときはそうだった)んだけど、あんまり厚いと読む気が起きないし、持ち歩きも不便だしね。
わかり易さについては、編著者が違うんで、関係ないんだけど、レイアウトが同じってのは慣れてる分読みやすいしなぁ。まあ、それを差し引いても、本文の横に用語解説や、過去問に出たポイントなどが載ってるって構成は同じで使いやすいと思う。

しかし、ネットワークの時の参考書に比べると、ちょっと厚いな。ネットワークの方が試験範囲広そうなんだが。とりあえず、持ち歩けるサイズなのでいいけど。

posted by あおべえ at 21:35 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月14日

今週のR25より
『ブーム化する「年齢本」を一気に5冊読んでみました』

特定の年齢をテーマにした「年齢本」(「○歳からの何とか」みたいな本)というのがちょっとしたブームとか。
R25によると、特に28歳と30歳と35歳をテーマにしたものが多いらしい。つまり、この辺の生き方がその後の人生に重要だったりするということだろうか?
28歳と言えば、僕もそんなに遠くないなぁ。でも、まあ、僕はこういう自己啓発本とかは大嫌いなので、全くそういう本を読みたいとは思わんけど。
R25にも「生き方を語る本には特有の押しつけがましさや偏りがよくあるし、もともと価値観とは多様であるべきもの。」と書いてあるけど、僕が嫌いな理由の一つもこれ。あともう一つ、上記の理由とちょっと被るかもしれないけど、本まで出して他人に偉そうに生き方を語る筆者が気に入らない。てめえがどれほど偉いんだ、と。
と、まあ、かなり偏見入ってます。すいません。
でも、やっぱりR25にも書かれているように、読むのであれば、「あくまでも参考程度に読むのがイイ」と思う。自分のことは自分で考えないとね。
posted by あおべえ at 23:43 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤングサンデー24号の『クロサギ』よりPharmingの話

詐欺師だけを騙す詐欺師が主人公のマンガ、『クロサギ』。
実際にあった詐欺事件を取材してるっぽいので、読んでると結構勉強になる。

で、この『クロサギ』、1ヶ月ぐらい前からフィッシング詐欺をテーマにした話が続いてたんだけど、今週で完結。
主人公がフィッシング詐欺を行っていた詐欺師を騙した手法がPharming(ファーミング)。
ファーミングとは、ウィルスによって、hostsファイルの内容を書き換え、ブラウザのアドレスバーに表示するURLを偽装する方法。
僕もこのファーミングはこのマンガで初めて知ったけど、マンガ内で前述のファーミングの解説やhostsファイルの解説などが書かれていて、ちゃんと調べてないとここまでは描けないな、とちょっと驚いた。
法律関係のことは今までも十分詳しかったけど、IT関係もここまで詳しくやるとはなぁ。正直、フィッシング詐欺の話が始まったとき、ちゃんと描き切れるのか心配だったけど、十分満足できる内容でした。
ちなみに、マンガ内の話によると、ファーミングはまだ日本ではあんまり聞かないが、アメリカではかなり聞くようになったとか。主人公も「まあ、いずれ来るさ」と言ってるけど、全くその通りだと思うので、皆さんもご注意を‥‥。
posted by あおべえ at 21:57 | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月28日

今週のR25より
『ひそかにブームが加熱する「ジョジョ立ち」って?』

今週のR25の表紙を見て、とりあえず気になったのは「ジョジョ立ち」。
「ジョジョ立ち」ってあの「ジョジョ立ち」か?と思ったら、本当にあの「ジョジョ立ち」だった。ちょっと驚き。R25に取り上げられるとは。
「ジョジョ立ち」、話には聞いていたけど、写真を見るのは初めて。
いや、みんなすごいなぁ。ジョジョっぽいよ。

でも、この記事の集合写真、『ジョジョの奇妙な冒険』を知らない人が見たら、何事かと思うよなぁ。僕もジョジョは好きだけど、さすがにこれはちょっと恥ずかしいな。
しかしながら、これだけの人にこれだけのことをさせてしまうだけの面白さが、『ジョジョの奇妙な冒険』にはあるのは確かかな。
posted by あおべえ at 23:50 | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

今週のR25より
『ついに日本語によるフィッシング詐欺が本格化!?』

ちょっと前、いや、結構前から話題になってる気がするフィッシング詐欺。
今週のR25にも記事が。

フィッシング詐欺とは、銀行やクレジットカード会社を装ったメールに記載されたURLから、その会社のものかのように作られたサイトに誘導し、口座番号や暗証番号などを入力させるというもの。

ところでちょっと前の記事だけど、海外では新手のフィッシング詐欺も。

"フィッシング詐欺に新手口--ブログを使い不正プログラムを配布"
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050413-00000008-cnet-sci

電子メールやインスタントメッセンジャーを使ってブログに誘導し、ブログにアクセスしたユーザに不正プログラムをインストールし、不正プログラムがパスワードや口座情報を盗み出す、というものらしい。

フィッシング詐欺自体、輸入物なので、今後日本でもこういった違った形式のフィッシング詐欺メールが出回る可能性がある。上記のニュース記事では、インスタントメッセンジャーのサービスプロバイダを装ったメールもあったらしいし、金融機関からのメールでないから、と言って安心はできない、ということだね。
posted by あおべえ at 23:29 | TrackBack(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

今週のR25より
「会社の『就業規則』で“安全確認”を!」

R25に載ってた副業に関わる就業規則の記事。副業をするなら、就業規則をきちんと確認しましょう、というお話。
しかしながら、就業規則というものは、就業時間に対して有効なもので、退社後や休日の使い方まで制限できるものではない。つまり、退社後にする副業に関して、会社が制限することはできないということになる。
じゃあ、就業規則に関わらず、副業していいのかというと、やっぱりそんなわけはなくて、記事の中で書かれているように、副業による疲労で本業に悪影響を与える場合や、会社の信用に関わる場合などの副業はやっぱりNG。
もちろん、仕事に影響もなく、会社の信用を落とすような仕事じゃなく、同業他社なんかじゃなければ、副業を理由に会社が解雇したりはできないらしいけど、解雇されないにしても、いろんな面で不利益はありそうだから、やっぱり会社の許可を得るに越したことはないということなんだろうな。
ちなみに、副業による年収が20万円を超えた場合、税務申告する必要がある。しかし、申告すると住民税が増えるので、給与天引きの場合、そこから会社にばれたりするらしい。ので、やっぱり会社に秘密で副業して、かつそれなりの収入を得るというのは難しいのかな?
posted by あおべえ at 22:52 | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月31日

今週のR25より
『時間を司る経路検索サイトでオレのできる度もアップか!?』

NAVITIMEというサイトが流行っているらしい。
携帯電話用の経路検索サイトで、自分の居場所から目的地までのルートを検索してくれるサイトらしい。R25によると「目的地までの距離、タクシーの場合の料金、渋滞状況を考慮した場合の所要時間、電車の場合、最寄り駅の入口&出口、乗り換える場合には何両目に乗るか、もちろんそれぞれきちんと地図が出る」とのこと。
R25の記事では「都心を中心にスゴイよ、オモロイよと絶賛の嵐」らしいが、ちょっと待てぇ〜!
そんなの全部EZナビウォークでできるじゃん!EZナビウォークは1年以上前からサービスが提供されてるのに、今更NAVITIMEがすごいサイトのように取り上げられるのは納得いかん!
R25の記事にはNAVITIMEのわかりやすい地図の写真が載ってるけど、EZナビウォークだってこれと同じぐらいわかりやすい地図が表示されるし。ん?同じくらい、っていうか、全く同じ地図に見えるぞ?
もしかして‥‥‥、と思って調べてみたら、EZナビウォークもNAVITIMEも同じナビタイムジャパンの提供じゃないか。
じゃあ、NAVITIMEとEZナビウォークの違いって何?と思ってナビタイムジャパンのサイトを見てみたけど、いまいちよくわからず。音声案内のありなしだけ?記事の中にある「ぐるっとナビ」ってのはEZナビウォークにはなかったような。

ちなみにR25では経路案内の素晴らしさばかり書いてるけど、周辺のお店・施設の検索も可能(NAVITIME、EZナビウォークともに)。飲み会の2次会の居酒屋やカラオケボックスを探すのに重宝してます。
posted by あおべえ at 23:58 | TrackBack(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『バーコード革命』

以前R25でも取り上げられてたデザインバーコードの本、『バーコード革命』。

デザインバーコードとは、あの無機質で面白みのないバーコードを、バーコードの機能はそのままに、うまくデザインと組み合わせたもの。あの黒い線を滝に見立てたり、麺に見立てたり。
そんな感じのデザインバーコードが全部で156種類(+サントリー「アミノ式」「カテキン式」のバーコード)が収録されたデザインバーコード集がこの本。
1,050円もする割にはすぐ読み終わっちゃうんだけど、見ていて楽しい。つい声が出てしまうほど感心してしまうようなのもあったり。
posted by あおべえ at 23:13 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

今週のR25より
『村上春樹の小説が世界で支持される理由』

今週のR25によると、村上春樹の小説がモスクワや上海で大ベストセラーを記録しているとか。
村上春樹は僕の好きな作家。ロシアで最初に村上春樹の小説を紹介した訳者であるドミトリ・コヴァレーニンさんは「価値観を揺さぶって再構築してくれるという意味では、村上春樹は文学のロックンロール」と記事の中で語っている。「価値観を揺さぶって再構築してくれる」のが「ロックンロール」かどうかはともかく、学生時代に読んだ村上春樹の『ねじまき鳥クロニクル』は、多少なりとも「価値観を揺さぶって再構築」してくれた気がするなぁ。
ちなみにロシアで最初に翻訳された『羊をめぐる冒険』は三部作の完結編。何故最初に完結編?って感じもするが、まあベストな選択かな。『羊をめぐる冒険』は僕も結構好きなんだけど、前二作はあんまり印象に残っていないし、いきなり『羊をめぐる冒険』を読んでも全然問題ない気がする。僕のベストは『ねじまき鳥クロニクル』だけど、『羊をめぐる冒険』の方が軽くて読みやすかった気もするし。
posted by あおべえ at 23:50 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月11日

今週のR25より
『HIV「即日検査」に20代受検者が殺到中!』

HIVはエイズ(後天性免疫不全症候群)の原因ウイルスなわけだが、そのHIVの即日検査に20代受検者が殺到しているとか。
まあ、ぶっちゃけ僕も一度通常のHIV検査を受けたことがあるんだが、そのときは人はまばらでそんなに待つこともなかった気がするな。それは結構前の話だけど、今でもきっと人が殺到してるということはないと思う。
では、何で即日検査に人が殺到するかというと、やっぱりその日のうちに結果を聞けるからだろうか?

通常の検査では結果が出るのに一週間かかるのに対し、即日検査は約30分。一週間後に結果が出るということは検査以外にもう一度保健所に行かなければならない。しかし、保健所のHIV検査というのは平日の特定曜日の昼間しかやってなかったりすることも結構多いようで。社会人なら二週続けて仕事を早退しなきゃいけない、っていうのは好ましくないだろうから、やっぱり即日検査に人気が集まったりするのではなかろうか?

現在、即日検査は全国14ヵ所の保健所で実験的に導入されてるのみとのこと。しかし、どう考えても即日検査のほうがいいし、どこの保健所でも即日検査をやってくれればいいのに、って気がするなぁ。
もしかして即日検査は通常の検査より精度が低いとか?と思って、ちょっと調べてみました。

即日検査の検査法は迅速抗体検査法で、通常の検査方法である抗体スクリーニング検査法とほぼ同じ性能だそうだ。で、迅速抗体検査法も抗体スクリーニング検査法の一つらしいんだが、この抗体スクリーニング検査法、結果が陽性でも本当の陽性ではない偽陽性の場合があるとか(1000人に数人程度)。
なので、陽性の結果が本当の陽性か偽陽性かの確認検査を行う必要がある。通常検査の場合、一週間後の結果がわかるわけだけど、その一週間の間にこの確認検査も行って結果を返しているらしい。
つまり即日検査の場合、陽性の結果が出た場合は必ず確認検査が必要になるわけで。実はそれって精神的に結構辛い気がする。わずかに希望を与えられた状態で、もう一度検査結果を聞かなきゃいけないわけだから。

そういう意味では検査結果を一週間後に返す通常検査も結構意味はあるかも。ちなみにR25の記事では即日検査を受けられる保健所が少なすぎる、と書いてあったけど、土日や夜間も検査を受けられる保健所を増やすだけでも十分検査に行きやすくなるような気がするなぁ。

※この記事は以下のサイトを参考に書きました。
HIV検査・相談マップ
http://www.hivkensa.com/index.html
posted by あおべえ at 00:30 | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

今週のR25より
『遊び心満点の「デザインバーコード」登場!』

今週のR25に載ってたデザインバーコード。
バーコードというのは、あの黒い線が重要で、あれさえ読み取れればいいわけで。で、その黒い線をうまく絵の中に取り入れちゃったのがデザインバーコードというわけです。
R25には、黒い線が滝になってる『ナイアガラの滝』、麺になってる『ラーメン』、高層ビルになってる『地下鉄』といったサンプルが。それ以外にもデザインバーコード社のホームページにはピザから伸びるチーズがバーコードになってる作品なんかもあって、なかなか面白い。
というわけで、僕も考えてみました。
バーコード
posted by あおべえ at 02:04 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月03日

『Xファイル DVDコレクション』

最近テレビでCMしてるデアゴスティーニの『Xファイル DVDコレクション』。
『Xファイル』といえば、高校の頃かな、テレビでやってるのを見てて、結構好きで楽しみにしてました。で、そんな懐かしさと創刊号の790円という安さから購入。
僕は基本的に超常現象とかは信じてないけど、そういうのを元にした映画とかを見るのは嫌いじゃないし、例えば、そういう映画の元ネタになってる超常現象をネットで調べて読むのは結構楽しめてしまう。なので、今でも『Xファイル』は楽しく見ることができました。

ちなみに『Xファイル DVDコレクション』の内容は、4話収録されたDVDと、各エピソードのガイド、及びエピソードの元になってる超常現象に関する記事が書かれたマガジンが。

隔週刊で全49号予定。『Xファイル』の全9シーズン、202話を1号につき4話ずつ収録するらしい。隔週で49号ってことは約2年‥‥‥。そんなに買い続けられるかなぁ。一応しばらく買ってみようかと思ってるけど、絶対途中で挫折しそう。
ちなみに2号以降は1,790円。全部集めると、創刊号790円+2号〜49号1,790円×48=86,710円。結構高いな。まあ、普通にDVDを買うともっとするんだろうけど。

と、思っていたら、何とTSUTAYAのオンラインショップで『Xファイル』全シリーズのDVDボックスセットが半額で3月下旬に期間限定で販売されるらしい!
売れ筋ランキングでも10位に入ってるし。いや、こんなに人気あったんだ。
税込87,255円。デアゴスティーニのDVDコレクションを全部集めるとあんまり変わらない。
本気で集めるなら、こっちを選ぶべきか?でも、一気に9万近い出費は‥‥‥。いや、リボ払いを使えば‥‥‥。うーん、迷う。
posted by あおべえ at 23:21 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月02日

週刊少年ジャンプ13号『魔人探偵 脳噛ネウロ』の台詞よりファイアウォールの話

先週からジャンプで連載が始まった『魔人探偵 脳噛ネウロ』。
『謎』を喰って生きているという魔界の生物ネウロが主人公の推理物っぽいけど、全然違う漫画。「犯人はお前だ」って言われて初めて犯人が作中に姿を現すような漫画だから。「え?この人、誰?」みたいな。
で、連載2回目の今回、警察の捜査情報を得るため事件現場のパソコンから警察のデータベースにアクセスする(パソコンに、いや、ディスプレイに手を突っ込んでるだが)シーンで、こんな台詞が。
「一億度の業火に耐える魔界生物の我が輩に…防御火壁(ファイアウォール)とは片腹痛いぞ」
これって文の前半と後半がつながってないって。
防御火壁って何か変だし。この文脈だと防御するための火の壁ってことなんだろうけど、firewallは防火壁。防火壁は火災が広がるのを防ぐための耐火性の壁なわけで、彼が一億度の業火に耐えられることとは何の関係もないわけで、ひどく間抜けな台詞に思えてしまう。
そもそも警察の捜査情報って、セキュリティを考えたら、普通に物理的にネットワークが切り離されてそうなもんだけど。

まあ、所詮漫画なんだけど、推理物っぽい雰囲気だから、ちょっと気になってしまった。続きを読む
posted by あおべえ at 00:11 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月12日

今週のR25より
『奇跡のサプリメント!?
 コエンザイムQ10の実力』

R25にコエンザイムQ10(以下CoQ10)のの記事が。
CoQ10とは「もともと人間の体内に存在する物質」で、「細胞内のミトコンドリアではエネルギーを生産するのに欠かせない物質として存在し、ミトコンドリア以外では脂質の参加を防ぐ坑酸化物質として働いている」もの。
「20代をピークに減少の一途をたどる」らしいので、そろそろ僕も減少してきてるかな?

ちなみに僕はときどきマルチビタミンとマルチミネラルを買いに、薬局のサプリメントコーナーに行くんだけど、少し前だとこのCoQ10は常に売り切れ状態だった。どのメーカーもCoQ10だけ売り切れてるような状態なので、「そんなにすごいのか、CoQ10?」と思ったりしたものだ。
まあ、機会があれば買ってみようかなと、前々から思ってるんだけど、実はこれ結構買いにくいんだよね。大抵「いつまでも若々しい肌を保つために!」みたいに明らかに女性向けの宣伝文句で売られてるんだもん‥‥‥。
posted by あおべえ at 03:17 | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月03日

今週のR25より"最近、話題のアフィリエイト 一体、どうすれば稼げるの?"

R25でアフィリエイトについての記事が。
この記事によるとなんと月に100万以上を稼ぐ人もいるとか。
記事の中にはアフィリエイトで資金を貯めて独立した人がアフィリエイトのコツについて教えてくれてます。それによると「大事なのはユーザのことを考えたサイト作り」とのこと。
しかし、「ユーザのことを考えたサイト作り」をするにしても、月100万以上稼ぐには、例えば商品説明の文章を書くにしても気を使いそうだし、更新も頻繁にしたりしなきゃいけないだろうし、かなり大変そう。
まあ、アフィリエイトで月100万稼ぐにはそれに見合った苦労が必要なのでは。
posted by あおべえ at 23:55 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月18日

ネットランナー2月号より『ケータイの着うたやムービーはいまや完全自作の時代だぞ』

今朝の電車、隣のおじさんが読んでたネットランナー2月号をちらっと見たら、『ケータイの着うたやムービーはいまや完全自作の時代だぞ』という記事が。本当にちらっと見ただけだけど、auの着うた、着うたフルが自作できるらしい。
着うたフルや着うたには残念なことに僕が好きなミスチルの曲はないので、自作で作れたらいいな、と思い会社帰りに購入。
ミスチルの『Sign』を使って、記事通りに着うたフルを作ってみるもうまく再生できない‥‥‥(ちなみにW21CA)。
ファイルサイズの問題か、それともビットレートが異なるのか、設定を間違えてるのか?
よくわからんけど、検証するのは週末にでもしておいて、とりあえず着うたを作ってみると、うまく再生できた。でも、ファイルサイズによっては再生できなくなってしまうっぽい。うーん微妙。続きを読む
posted by あおべえ at 00:22 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月30日

今週のR25のWEEKLYイベントカレンダーより「なつゲー、新タイトルが追加!『ソロモンの鍵』『マイティボンジャック』」

いつもならあまり見ないWEEKLYイベントカレンダー。今回も特に見るつもりはなかったけど、ページをめくってるときに「なつゲー、新タイトルが追加!『ソロモンの鍵』『マイティボンジャック』」の文字が!
なつゲー、ここ最近R25でよく取り上げられてるけど、僕の家にあったのは『バイナリィランド』だけで、それにしたって正確には僕の兄のものだったし、なつゲーのサイトに行ってまでやりたいというものではなかった。でも!『マイティボンジャック』はやりたい!
『マイティボンジャック』は僕のソフトだったので、滅茶苦茶やった気がする。今でも無敵になったときのBGMとか、主人公のジャンプの音とか簡単に思い出せるし。追加になる11月4日が楽しみだ。
posted by あおべえ at 00:36 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。