2007年01月31日

『世界樹の迷宮』

確か半月ほど前、今年はゲームを控えようとか言ってた気がするけど、今現在全然それを守れてない僕がいたりするわけで。
その原因のうちの一つが『世界樹の迷宮』。

オーソドックスなスタイルの3DダンジョンRPGなんだけど、最近こういうゲームはなかったので、逆に新鮮な感じ。

このゲームの最大の特徴は何と言ってもマッピング。
ニンテンドーDSの下画面を使って、自分で地図を書き込んでいくという、オートマッピングしかないような今の時代とは全く逆のアプローチ。
最初はちょっと面倒かなとも思ったけど、実際やってみると、いかにも探索をしてるって感じで意外と楽しい。

そして下画面には常にマップが表示されてるというのがちょっとすごい。
ダンジョンを普通に歩いてるときはもちろん、敵と戦ってるときにもマッピングが出来るという、こだわりを感じる仕様。

ゲームの難易度はやや高めで、パーティの組み方やスキルの伸ばし方、そして戦い方次第で簡単に全滅できるんだけど、逆に自分なりの戦い方を考えていくのも楽しい。

あと意外と親切設計なのもうれしい。
例えば、スキルに関しては伸ばし方に失敗しても、レベルが下がるとペナルティはあるものの、再度スキルを振りなおせたり。
あるいは全滅したら、前回のセーブした時点まで戻されるけど、地図だけはデータを保持できるとか。

インターフェース部分では、例えばステータスや装備画面でLRボタンを使ったキャラの切り替えが出来ない、など不満点もあるけど、LRボタンはマップの階層の切り替えに割り当てられてるから、仕方ないのかな。
まあボタンの組み合わせとかで何とかなりそうだけど。

というわけで、総合すると、改善点はあるものの、非常によくできたゲームに仕上がってると言えるかな。

posted by あおべえ at 22:48 | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

『RESISTANCE〜人類没落の日〜 』その後

『RESISTANCE〜人類没落の日〜 』のオンライン対戦をひさしぶりにプレイ。

発売から2ヶ月、そろそろ人も少なくなったかな、と思ったら‥‥増えてた。
感覚的には2〜2.5倍の人数か?

PS3が供給されたからか、『RESISTANCE』が良作だからか、あるいは他に面白いソフトがないのか‥‥。
posted by あおべえ at 00:01 | TrackBack(1) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

『RESISTANCE〜人類没落の日〜 』

プレステ3と同時購入。

いわゆるFPS。

初めてタイトル名を聞いたときは「人類没落の日」という部分が非常にかっこ悪く響いたのだけど、本体と同時に発売した中では一番楽しめそうかなと思い購入。

オフラインでも遊べるけど、オンライン対戦が楽しい。
おかげでオフラインはほとんど進めてない。
そして、ブログの更新も怠ってしまった‥‥。

オンライン対戦は最高40人で対戦できるので、かなり賑やか。
この辺はやっぱり次世代機ならではか?

しかし個人的には少なめの人数での旗取り戦が面白い。
敵チームの隙をついて旗を奪い自陣に持ち帰ればいいのだけど、敵陣に突入するときや、反対に自陣を守ってるときの緊張感がいい。

まあそんなわけで、まだまだソフトの数が少ないプレステ3だけど、これ1本でもなかなか長く遊べそう。

posted by あおべえ at 00:15 | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

『監修 日本常識力検定協会 いまさら人には聞けない 大人の常識力トレーニングDS』

「脳トレ」「えいご漬け」に続いて、今度は「常識力トレーニング」。

しかし、これはトレーニングなのか???

「脳トレ」は割と遊び感覚もあった。

「えいご漬け」は遊び要素もあるけど、基本的には学習用ソフト。

しかし、「常識力トレーニング」は何かただのクイズっぽい感じが。

常識力診断で自分の常識力を計測できるけど、問題がたったの10問だし、たまたま知ってることが出ればよい結果になってしまう。
(「えいご漬け」もそうだったけど)運によって結果が左右されるってのはちょっとなぁ‥‥。

トレーニングも5つのジャンルの中から1日に2つのジャンルの問題を解くことになるんだけど、同じジャンルの中でも関連性なく出題されるから、体系立てて勉強というわけにもいかず、トレーニングというよりはクイズをやってる感じ。
収録されてる問題は内容的にはそんなにつまらないということもないし、結構役に立つこともある気はするんだけど。

ちなみにwi-fi通信にも対応。
wi-fi通信に接続することで全国平均と比較したり、集計されたデータから自分が住んでる地域の人が得意な問題とか、男性が不得意な問題とかに挑戦できる。
これはなかなか面白い試み。

しかし、常識力診断の問題で「超難問」っていう難易度はどうなんだ?
それはもう常識じゃない気がするんだが‥‥。

posted by あおべえ at 23:40 | TrackBack(2) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

東京ゲームショウ・ウイニングイレブンDS その2

他のゲームに比べてやたら待ち時間の短いウイイレDS。
せっかくなので、もう一回やってみた。

てっきりエキシビジョンしか選べないかと思ってたけど、ワールドツアーも選択できた。

ワールドツアーはマスターリーグとことなり、ガチャゲットで選手を獲得する。
ガチャゲットはコインを入れていわゆるガチャガチャしてランダムで選手を入手するのだけれど、コインはゴールドとシルバーの二種があった。やっぱりゴールドの方が強い選手を入手できるんだろうな。

またワールドツアーでの対戦相手はクラブチームではなく、ナショナルチームっぽい。

それから昨日見づらいと思った下画面のレーダーだけど、設定変更で従来の位置に表示できた。これはこれで小さくて見づらいけど。
ちなみにその場合下画面にはフォーメーションが表示される。
posted by あおべえ at 13:34 | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京ゲームショウ・Power Smash3

これもPS3だけあってグラフィックはやたらくっきりしててきれい。

ゲームについては過去シリーズでも既に完成されてる感があるから、どうしてもグラフィックの話になるけど、コートまわのり小物や人もきちんと再現されててリアル。
審判がボールの動きにあわせて首を振ったり、線審がボールよけたり、観客が拍手したり、アップになった選手の顔がリアル過ぎて怖かったり。

しかし、PS3だからという理由ではないが、やっぱりPower Smashは楽しいな。
posted by あおべえ at 12:57 | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京ゲームショウ・ソニックと秘密のリング

これもそうだけど、Wiiのソフトは全て試遊不可。

コンパニオンのおねーさんがやってるのを見ただけだけど、ソニック特有のスピード感は健在。

リモコンでの操作はあんまり必然性がないように感じたけど、敵に攻撃するときリモコン降るのは確かに直感的な操作で悪くないかも。
posted by あおべえ at 12:34 | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京ゲームショウ・機動戦士ガンダム ターゲット イン サイト

PS3ということで、さすがにグラフィックはきれい。
影もちゃんと動くし。

しかし、よく見ると確かにモビルスーツはきれいだけど、背景というかフィールドはそんなでもない?

システムは連邦とジオンにわかれてミッションを遂行するというものだけど、過去のガンダムのゲームで似たようなのがありそうだな。

ちなみにまだまだ開発中なのか、しばしばフリーズしてた‥‥。
いや、これはもしかしたらPS3のせい?
そういえば、PS3を起動して、ゲームが起動されるまでやたら時間がかかったな。これもハードのせいなのか、ソフトのせいなのか‥‥。
posted by あおべえ at 11:35 | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京ゲームショウ・逆転裁判4

えー、何故か今日も東京ゲームショウに来てます。
昨日家に前売券を忘れて当日券購入したので、前売券余ってしまったので。

今日は逆転裁判4から。

試遊は体験版ということで法廷パートのみ。
基本的なシステムは今まで通り。法廷記録や操作系は蘇る逆転を踏襲してる模様。

主役が交代したのでちょっと新鮮な感じ。そんなに違和感もないし。
作品の雰囲気も前作とそんなに変わらない印象。
posted by あおべえ at 11:25 | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

東京ゲームショウ・すばらしきこのせかい

ゲームの舞台はシブヤ。当然、現実の渋谷をモチーフにしてるのだろうけど、渋谷に疎い僕にはいまいちピンと来なかった‥‥。」
でも、ゲームそのものはなかなか面白そう。

戦闘が特徴的。
DSの二画面それぞれで敵と戦うことになるのでやや煩雑で忙しい。
まあ慣れたら何とかなりそうだし、最悪オートで戦ってくれたりもするみたいだけど。
ちなみに下画面はタッチスクリーン、上画面は十字ボタンまたはABXYボタンで操作。

移動シーンは、タッチスクリーンとボタンどちらでも移動が可能。
また普通のRPGのように街の人に話しかけたりはせず、テレパシーでまとめて情報収集できるのが便利。

それから僕はあまり話を進めなかったためそこまで行っていないが、どうも謎解きにタッチスクリーンを使う場面もありそう。

しかし、先日発表されたばかりのこのゲーム、既に試遊できるということは意外と発売は早いのかな?
posted by あおべえ at 14:45 | TrackBack(1) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京ゲームショウ・ウイニングイレブン10ユビキタスエボリューション

こっちはPSPなのでDSとは違いかなりきれい。

特筆すべきはマスターリーグが搭載されたこと。メニューにあったので多分搭載されるはず。
携帯ゲーム機とマスターリーグは相性がいいと思うのに前作の9では搭載されてなかったからなぁ。

ちなみに前作はやってないので、PSPでのウイニングイレブンは今回が初だが、PSPのアナログパッドは操作しづらいな。
PS2のアナログスティックが如何に操作しやすいかがわかった‥‥。
posted by あおべえ at 13:07 | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京ゲームショウ・ドラゴンクエストモンスターズジョーカー

移動は3Dのフィールドをドラクエ8と同じように自由に歩き回れる。
ドラクエ8と違うのはフィールド上をモンスターのシンボルががうろついてること。で、そのモンスターのシンボルと接触すると戦闘に。

戦闘のテンポはそんなに悪くない。
攻撃時にモンスターがちゃんとアクションするものうれしいところ。
戦闘終了後にややもたつく気もするけど、製品版では改善されるか。

グラフィック的にはお世辞にもきれいとは言えず、結構粗い印象。
トゥーンレンダリングなのがよくない気もするが‥‥。
まあ実際にプレイする分にはあんまり気にならないんだけど。
posted by あおべえ at 12:37 | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京ゲームショウ・スクウェアエニックス クローズドメガシアター

スペシャル映像上映中とのことだったけど、あんまりスペシャルな感じはなかったな。

個人的にはFF13の映像を期待してたんだけど、E3で公開されたものに少し手を加えたぐらい。
ヴェルサスの映像は初めて見たけど、これもE3とほぼ同じじゃないだろうか。
アギトもムービーが公開。これは初?しかし、(もちろんイメージ用ムービーだとは思うが、)携帯用アプリに何でわざわざこんな綺麗なのを用意する必要が?それだけ力を入れてるということか?

結局FF13関連の3作品でゲーム画面っぽいのが見れたのはFF13だけ(それもE3でのものと同じ)で、ヴェルサスもアギト(ムービー中のカードの中にそれっぽいのが写ってた気もするが)もムービーだけ。
ちゃんと開発は進んでるんだろうか‥‥。どう見積もっても発売は2008年以降になりそうだが‥‥。
posted by あおべえ at 12:25 | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京ゲームショウ・ウイニングイレブンDS

今日は東京ゲームショウに来てます。

で、さっそくウイニングイレブンDSの試遊をやってみた。

まず最初に目に付くグラフィックだけど、PS2版と比べると明らかにひどい。DSの性能上仕方ないだろうけど。
選手の頭が四角いのは正直どうかと思った‥‥。

操作感は普通にウイニングイレブン。ロングパスがややもっさりしてたけど。
フィールドの視野は特に狭いとは感じなかったけど、その分選手が小さくてややま見づらいか。
またレーダーがDSの下画面に表示されるので、それなりに視点を動かさないといけないため、若干つらいかも。まあ慣れの問題かもしれないが。

タッチパネルは試合中は攻撃的・守備的の切り替えに使用。これはそんなに違和感なし。
試合中以外ではポジションエディットでも使用できるのは、いかにもな使い方だけど、それなりに便利かも。

あとは今回の試遊はエキシビジョンだけなので、全然詳細がわからなかったワールドツアーがマスターリーグのかわりとしてどれだけ楽しめるかだな。
posted by あおべえ at 10:58 | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

ファイナルファンタジーIII、幻の通信対戦?

この前「ファイナルファンタジーIII」の感想を書いたときに、Wi-Fi、ワイヤレス通信で対戦できたらよかったのに、なんて半分思い付きで書いたんだけど、どうやらそういう話もあったらしい。

ある本の開発者インタビューの中で通信対戦のアイデアがあったこと、でも「ルーネス(主人公)たちが殴りあうのはどうなんだろう?」という理由で実装されなかったことが語られていた。

ああ、やっぱりそういうアイデアはあったのね。

前述の「どうなんだろう?」がどういう意味かはわからないけど、やっぱり主人公同士の殴り合いはイメージ的に問題あり、ということか?

まあ、どんな理由にしろ、中途半端な手紙のやり取りするだけより、通信対戦があったほうがずっと面白かったと思うんだけどなぁ。
特に今回はジョブの組み合わせでいろんな戦い方が出来るわけで、それで対戦となれば駆け引きや相性考えたりが結構楽しかった気がする。

でも、実際に対戦を実装するとなると、レベルの制限とか、アイテムの制限とかを考慮しなきゃいけないだろうし、ただ対戦するだけじゃ味気ないだろうから、勝敗によるリターンとリスクなんかも検討するとすれば、かなり大変そう。

というわけで、実は前述の「どうなんだろう?」が理由と言うより開発期間やコストの問題で実装されなかったんではないか、とちょっと勘繰ってしまうのだが、考え過ぎか‥‥。
posted by あおべえ at 00:30 | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

『ファイナルファンタジーIII』

最近のFFとは違ってオーソドックスなRPGだけど、ジョブの組み合わせでいろいろな戦い方ができるのが楽しい。

ストーリーは基本的にファミコン版そのままなので、ちょっとあっさり目で、やや唐突な展開もあるけど、まあ許容範囲。逆に新鮮な気すらする。

3Dになったグラフィックもそれなりにきれい。これは陰影の使い方がうまいのかな?
またジョブのデザインがキャラごとに微妙に異なってるのは面白い。非常に丁寧に作ってるんだな、という印象。

またイベントシーンではキャラクターに表情と動きがあり、数種類のパターンしかないようだけど、なかなかいいアクセントに。

不満は隠し要素の出現のためにwi-fiもしくはワイヤレス通信が必須なこと。
こういうのはソフト一本で完結して欲しいところ。
それからwi-fi・ワイヤレス通信でできることも手紙のやり取りだけで、あんまり面白くない‥‥。
どうせなら対戦とか、せめてアイテム交換ぐらいできたらよかったのになぁ。

とはいえ、そんな不満点を含めても、非常によくできたRPGであることは間違いない。
個人的には今までのDSのソフトの中ではベストかな。

posted by あおべえ at 22:41 | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

『ペルソナ3』

先月買ったのをやっとクリア。
うーん、長かった。

全体的に難易度は高めか?
少なくともFFみたいな親切さはない。

閉じられた環境で物語が進行するので若干単調さは感じる。
まあ、でも、こういうのもありかな。
ストーリーそのものはしっかりしてるし。

いろんな人と接することでコミュを発生させ、そのランクを上げてくというのは、面倒かな、と思ってたけど、それぞれで発生するイベントもそこそこ面白いので、そんなに退屈はしなかった。

あと特徴的なのは音楽か?
音楽に限らず全体的にスタイリッシュな印象があるけど、音楽は特にゲームの音楽って感じではなく、なかなか新鮮だった。

全体的には面白いと思う。
ただ個人的にはもっと難易度を下げて欲しかったかな。
そもそもレベルを上げるという非常に作業的な行為を僕はしたくないというのもあるけど、レベル上げなんかしないでも自然に先に進めるぐらいの方が話のテンポがよくなった気がするので。

posted by あおべえ at 23:51 | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

『リズム天国』

ネット上でやたら評判のいい「リズム天国」。

リズムに合わせてボタンを押すだけのミニゲームを集めたミニゲーム集なんだけど、リズムに合わせてボタンを押すということ自体の楽しさ+バカっぽい演出でそれなりに面白い。
ボリュームも結構あるし。

しかし、決してとても面白いとは思えない。

確かにリズムに合わせてボタンを押すのは楽しいけど、どちらかというとボタンを押すよりただ音楽聴いてる時間の方が長いゲームが多いし、操作がシンプルなわりに一回のゲームはそこそこ長いからちょっと退屈な感じもするし。

まあ、そんなわけでそこそこ面白いけど、決してとても面白いわけではない、というのが僕の感想。

posted by あおべえ at 23:04 | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

『bit Generations ORBITAL』

"bit Generations公式ページ"
http://www.nintendo.co.jp/n08/bit_g/index.html

「bit Generations」シリーズ「ORBITAL」。

おー、正直「dotstream」と「Soundvoyager」二つやって、「bit Generations」シリーズはやっぱりダメだと思ったけど、「ORBITAL」はなかなか面白い。

基本的に二つのボタンしか使わないシンプルな操作で、プレイヤーの操作する惑星を大きくしていくだけのシンプルなルール。
重力や衛星の概念はちょっと複雑な感じもするけど、感覚的にすぐ理解できる。
普通にクリアする以外にもMOONを集めると言う+αの目的もあるのもいい。

というわけで、個人的な評価は「ORBITAL」>「dotstream」>「Soundvoyager」かな。
posted by あおべえ at 21:55 | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『bit Generations Soundvoyager』

"bit Generations公式ページ"
http://www.nintendo.co.jp/n08/bit_g/index.html

「bit Generations」シリーズ「Soundvoyager」。

画面ではなく音をたよりに、というコンセプトは面白い‥‥けど‥‥。

全体的に中途半端な印象。

しかも全体的に判定が厳しく、なかなかクリアできないんので、段々嫌になってくる。
僕が下手なのか‥‥?


posted by あおべえ at 21:39 | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。